家事の効率アップ情報

工夫を凝らして食器を汚さない!

牛乳パックやホイルを活用

生肉や生魚を切る場合、まな板の汚れや雑菌などが気になりますよね。またキムチなど調理済みの食材を切る時も、まな板に色が付いてしまって洗うのが大変です。
そんな時は、牛乳パックを使ってみて下さい。飲み終わって中を洗った牛乳パックをハサミで切って平らにします。これをまな板代わりとして使用すれば、汚れも洗い物の負担もありません。使い終わったらそのまま捨てられるので、どんなに汚れても問題ないのです。雑菌や汚れが気になる食材は牛乳パックを使うと良いでしょう。
他にも、魚を焼く際にグリルの汚れが気になるという人も多いのではないでしょうか。魚の油汚れはなかなか落ちず、臭いも気になります。洗い物を減らしたい場合は、アルミホイルを敷いて魚を焼いてみて下さい。グリルはほとんど汚れず、汚れたアルミホイルはそのまま処分できます。面倒な洗い物が減るので、グリルの使用頻度も増えるのではないでしょうか。

食洗機を導入する

食洗機があれば洗い物の負担を減らし時短にもなります。しかし食洗機は場所を取るし水道代もかかる、本体も設置費用も高額というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
最近の食洗機は省エネ設計になっているものが多いので、水道代や電気代もほとんどかかりません。また小型の機器もあるので、広いスペースがなくても設置する事ができるのです。自宅のマンションに食洗機が設置されていなかったからと諦めることはなく、省スペースでも後から無理なく取り付ける事ができます。
食洗機は洗浄力が強いので、手洗いよりも綺麗に洗いあげる事が期待できます。また除菌ができたり高温で洗浄してくれる食洗機もあり、安心して食器洗いを任せる事ができるのです。さらに時短になるので、忙しい人にはピッタリなのではないでしょうか。
またしっかりと食器を乾燥させてくれるので、片付けも簡単です。